小児矯正について

不正咬合の種類と治療法

6.側方交叉咬合:【緊急度;高】(あごの横ずれ)

 上下のアゴの大きさのアンバランスなどにより噛み合せが横にずれることがあります。この状態を放置すると成長に伴ってアゴの偏位が悪化してお顔がゆがんでしまう可能性があります。とくにアゴの関節への負担も偏るため顎関節症になりやすくなったり、全身の姿勢にも影響してしまいます。

側方交叉咬合

側方交叉咬合

側方交叉咬合

治療開始時期

3歳から:交叉咬合は、反対咬合と並んで、骨格的な悪化を防ぐために、できるだけ早い対応が必要です。

矯正装置

プレート型装置(拡大床)など:交叉咬合の多くは、上アゴが狭いため、プレート型の装置を用いてアゴの大きさを広げます。また、アゴを横にずらしてかむ癖がついていることが多いので、アゴの大きさのバランスを整えた後に、正しい咬み合わせでかむ訓練が必要です。

治療期間

1~1.5年間

以上は、あくまで目安です。治療開始のタイミングは、歯並びの問題の重傷度や子供の成長発育状態やその他の要因によって変わります。また、専門医に相談する場合、「遅すぎる」ことはあっても「早すぎる」ことはありません。ご心配なことがある場合は、早めに相談しましょう。また、お子さまの年齢がすでに治療開始時期を過ぎている場合でも治療効果が期待できることが多くあります。お気軽にご相談下さい。

ページのトップに戻る