小児矯正について

よくある質問

Q8.親の歯並びが悪いので子どもの将来の歯並びが心配

A.不正咬合の原因のひとつに遺伝的要因があります。とくに受け口など骨格的な問題は、遺伝することが明らかになっています。もちろん、ご両親に歯並びの問題があってもお子さまには現れない場合もあります。ただ、お子さまの歯並びがまだ気ににならない場合でもご心配な場合は、一度ご相談ください

ページのトップに戻る

Q9.不正咬合が「自然治癒」することはないのですか?

A.可能性としてはあります。とくに乳歯の歯並びや前歯の永久歯への生え変わりの時期などの歯と歯の間の隙間などは生え代わりが進むにつれて治ることが多いです。逆に受け口やあごの骨が狭くて歯がきちんと並ばない場合などは自然治癒がほとんど期待できず放置すると問題が重症・複雑化してしまうこともあります。

ページのトップに戻る

Q7.小児矯正と成人矯正の違いはなんですか?

A.小児矯正の最大の特徴は骨格的な問題を、永久歯が生えそろう前に、治療することができることです。たいてい「歯並びの問題」といっても「歯の位置」の問題ではなく「歯の植わっているあごの骨の大きさやバランス」の問題のことも多く、このような「あごの骨」の問題は、骨が柔らかく、これから成長する子どものうちにしか治せません。(もちろん成人になってから治療したほうがいい不正咬合も有ります)

ページのトップに戻る

Q6.治療後の後戻りが心配

A.小児矯正に限らず成人矯正においても治療後の後戻りの危険性はあります。一般に、あごの骨の矯正(1期治療)については、より早期にはじめたほうが後戻りの危険性は少ないといわれていますが、基本的に治療後も定期的なチェックが必要です。(後もどりの危険性は不正咬合の種類により大きく異なります)

ページのトップに戻る

Q5.小児矯正治療をすることでで虫歯にないか心配

A.取り外し式装置は食事や歯磨きの時には外しますので、通常通り歯を磨いていれば虫歯のリスクが増えることはありません。固定式装置を使う場合は、装置の周りに汚れがたまりやすくなるため、装置の形を考慮した歯磨き方法を実践していただく必要があります。

ページのトップに戻る

Q4.こどもが小さいため小児矯正の装置をうまく使えるか心配

A.小児矯正で用いる取り外し式装置はヨーロッパなどでは90年以上前から子どもの矯正器具として使われています。お子さまの年齢なども考慮して治療装置の形を決めるため、使い始めはしゃべりにくいなどの違和感はありますが、成人矯正のような痛みを感じるとこはほとんどなく、たいていのお子さま(3歳?)は上手に使えています。(どのような治療方法でもお痛みや違和感の感じ方にはかなり個人差があります)

ページのトップに戻る

Q3.矯正専門医に「治療するのはまだ早い」といわれたが心配

A.ヨーロッパをはじめとする欧米では古くから行われ、その有効性が確立している小児矯正ですが、日本では一般歯科医だけでなく矯正専門医の間でも、小児矯正の有効性や診断基準がよく知られていないのが現状です。もちろん成長期の後半から治療を開始したほうがいい場合もありますが、ご心配な点などがある場合にはご相談ください。

ページのトップに戻る

Q2.学校検診で不正咬合と指摘されたのですが・・・

A..近年、日本でもやっと不正咬合の早期治療(小児矯正)の有効性が認められるようになり、保健所や学校の検診でも歯並びの診査が加わりました。不正咬合と指摘された場合は、お子さまやご家族の方があまり気にならない場合でも一度ご相談ください。

ページのトップに戻る

Q1.何歳ごろから歯並びの治療をしたほうがいいのでしょうか?

A.歯並びの問題の種類や重症度にもよりますが、受け口やあごの左右への偏位などでは3歳ころから治療を開始したほうがよい場合もあります。一般的には5?7歳ごろに1期治療を開始するのが理想的なことが多いです。

ページのトップに戻る