小児矯正について

不正咬合の種類と治療法

9.前歯の交叉咬合:【緊急度;高】

 前歯の1~2本が逆になっていると、下アゴが左右へずれてしまったり、噛むたびに不適切な力が歯や顎関節にかかり、痛めてしまうことがあります。そのため、歯や顎関節を守るために、できるだけ早く治療した方がいいとされています。ほとんどの原因は、アゴが狭く、上の前歯が「おしくらまんじゅう」で中に押し込まれることです。

前歯の交叉咬合

前歯の交叉咬合

治療開始時期

3歳から:乳歯・永久歯に関わらず、逆噛みになっている前歯がある場合は、すぐに治療が必要です。

矯正装置

スプリング付プレート型装置(弾線付きバイトプレート)、ブラケット装置:主にスプリング付プレート装置を使用しますが、アゴが狭いことが原因の場合は、「叢生」と同様の治療が必要になります。

治療期間

0.5~1.5年間

以上は、あくまで目安です。治療開始のタイミングは、歯並びの問題の重傷度や子供の成長発育状態やその他の要因によって変わります。また、専門医に相談する場合、「遅すぎる」ことはあっても「早すぎる」ことはありません。ご心配なことがある場合は、早めに相談しましょう。また、お子さまの年齢がすでに治療開始時期を過ぎている場合でも治療効果が期待できることが多くあります。お気軽にご相談下さい。

ページのトップに戻る